コラーゲンは摂るべき?

コラーゲンって聞くと「食べればプルプルの肌になる」なんて思ったりしませんか。コラーゲンを摂るとなぜプルプル肌になると考えられているのでしょうか。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、私たちの体の全たんぱく質の約30%がコラーゲンで占められています。
さらにそのうちの40%が皮膚に、骨や軟骨に20%、そのほかは血管や内臓にコラーゲンが存在しています。

コラーゲンは皮膚に多く存在していることから「コラーゲンを摂ればプルプル肌に」と連想してしまうのでしょうか。

でも、実はたんぱく質は胃や腸で消化吸収される時にはばらばらに分解されてアミノ酸になってしまうんです。
じゃあ、コラーゲンを摂っても意味がないの?

いやいや、そんなことはありません。一時はそうゆう意見もありましたが、最近では経験的にコラーゲンを摂取するとキズの治りが早いという声があります。

分解しきれなかった低分子のコラーゲンが、体内でコラーゲンを作る線維芽細胞の増殖に働きかけ、キズや肌のダメージの修復に役立っていると考えられるのです。

吸収率の高い低分子のコラーゲンが肌にとって良さそうだと経験的に知られていますが、科学的には否定も肯定もできないと言ってもいいでしょう。

それなら、肌のアンチエイジングには摂らないよりは摂った方がいいかもしれません。のちのち、コラーゲンのアンチエイジング効果が立証されたときに「ああ、やっぱり摂っておけばよかった」なんてことにならないように。