妊娠中にする血液検査

血液は身体のすみずみまで駆け巡り、細胞に酸素や栄養を届け、老廃物を回収して運ぶ役目をしています。

妊娠中はその血液は胎盤を通してお腹の赤ちゃんに酸素や栄養を届け、老廃物を受け取って運ぶ役目もしています。

妊娠中の血液検査は妊婦の健康観察に多いに役立つだけでなく、お腹の赤ちゃんへ影響を与える病気を未然に知ったり、予防、治療することができます。

貧血は妊婦の大敵です。貧血がひどくなると出産時に血が止まらないとか、血圧が下がった時に使う薬が効かないなどの危険があるので、貧血の検査は重要です。妊娠したら鉄分の補給は欠かせません。

妊娠中の主な血液検査

●血液型
A、B、O、AB型の他Rh式では+か-かを調べます。妊婦と赤ちゃんの血液不適合があるかも調べます。

●不規則抗体検査
不規則抗体(他人の赤血球を壊す抗体)があるかどうかを調べます。抗体があると輸血した時の副作用の原因となったり、胎盤を通過した血液が赤ちゃんの赤血球を壊してしまうことがあります。

●血液検査一般
赤血球、白血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板など一般の健康診断でもよく行われる検査です。おもに貧血を調べ、出血を止める機能が正常かなども調べます。

●血糖の検査
血糖値を調べ妊娠性糖尿病の有無を調べます。

●血液生化学検査
一般の健康診断でも行われる肝臓や腎臓などの機能を調べます。

●感染症の検査
以下の感染症の検査も行われます。
梅毒血清反応、B型肝炎検査、C型肝炎検査、風疹検査、トキソプラズマ検査、サイトメガロウィルス検査、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)、ヒトT細胞白血病ウィルスがあります。