プロバイオティクスで腸内環境を整える

プロバイオティクスとは腸内細菌のバランスを改善して、病気になりにくくする予防医学の考え方です。人の腸内には多種多様な細菌が住み着いています。細菌の中には人の健康に有益な善玉菌と人の健康に有害な悪玉菌があります。

善玉菌は食べ物の消化吸収を助けたり、病気の原因菌の増殖を妨げるなど、人の健康によい働きをします。それに対して、悪玉菌は食べ物を腐敗させたり、有害物質や発がん物質を産生して人の健康に悪い影響を与えます。

腸内の細菌バランスが人の健康状態を左右するということが研究でわかってきました。そこで、健康維持のためにも積極的に腸内バランスを改善することをプロバイオティクスといいます。

プロバイオティクスの考え方は新しいものですが、人はプロバイオティクスについては長い経験があります。善玉菌の代表には乳酸菌があります。チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に限らず、味噌、しょうゆ、漬物、キムチなどの発酵食品に多く含まれていて、食品としても長い歴史があります。発酵食品が健康によいことは長年の経験によって知られていて、プロバイオティクスは経験的にも実証されているのです。

プロバイオティクスは科学的にも臨床試験によって証明されるようになってきました。がん治療においてプロバイオティクスは抗がん剤や放射線治療の副作用の軽減、手術後の感染予防や再発予防の効果に期待されています。
また、プロバイオティクスによる免疫機能の向上なども報告されています。

このように、直接乳酸菌などを摂取して腸内の善玉菌を増やすことをプロバイオティクスといいますが、もともと腸内にいる乳酸菌などの善玉菌を増やしたり活性させるために、オリゴ糖、ラクトフェリン、食物線維などを摂取するプレバイオティクスという方法もあります。プロバイオティクスと組み合わせたシンバイオティクスなども提唱されています。