肌老化防止に無添加スキンケア

無添加とは特定の物質を含まないという意味ですが、一般的には化学合成された物質を含まないという意味で使われているのでしょう。

化学合成された物は人の体に有害であると主張する学者もいます。自然界に存在しなかった物質が化学合成で作られていることを考えると、その物質が人の体に与える影響はすぐに知ることは出来ません。

安全性が確認された後でも毒性があったり、発がん性、内分泌を撹乱する環境ホルモンであることが発見される場合もあります。

そう考えると直接肌に使うものは、やはり自然由来の無添加の商品を選ぶことが賢明だと思います。肌のケアで年齢を若く見せる事が出来ます。肌老化を防止することがアンチエイジングの基本です。

無添加のスキンケア用品を選ぶ際には人工の色素や香料、石油系の界面活性剤などを含まない商品を選ぶのはもちろんですが、自然由来の物でも安全性が確認されていないものもあるので注意が必要です。無添加商品でも安全性が確保されているとは限らないのです。

でも、古くから使い続けられた成分は、化学合成されたものよりは信頼性も高いと考えることができ、安心して使うことが出来ます。やはり自然由来の無添加商品を選択することが肌にとってよいのではないでしょうか。