美肌の敵はタバコ、睡眠不足

ビタミン、ミネラルは健康な美肌作りに欠かせない栄養素で、たんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素の代謝、調整に重要な役割を果たしています。ビタミンB群は美肌ビタミンとも呼ばれ、他のビタミンも肌の健康を保つために必要な栄養素です。

鉄分は肌の細胞に酸素を供給してくすみやシミのない健康な肌の維持に貢献しています。亜鉛は皮膚の新陳代謝、たんぱく質やコラーゲンの生成や抗酸化作用に必要な酵素の働きに欠かせないミネラルです。野菜不足や外食、ファーストフードの多い現代人にはビタミン、ミネラルは不足しやすい栄養素です。

タバコは一本喫煙するごとに25mg以上のビタミンCが失われるといいます。ビタミンCはメラニン色素を抑制する作用の他に、コラーゲンやエラスチンの生成、活性酸素を無害化する抗酸化物質です。喫煙によるビタミンCの喪失は肌のくすみ、シミ、シワ、たるみなどの肌老化を促進することになります。さらにタバコの煙には3000種類ともいわれる化学物質、100種類以上の発がん物質が含まれていて、活性酸素を大量に発生させてコラーゲンやエラスチンなどを破壊します。

睡眠不足は肌を荒らす原因になります。肌が代謝されて生まれ変わることをターンオーバーといいます。健康で若々しい肌はスムーズなターンオーバーによって維持されます。自律神経の働きやホルモンの分泌は肌の状態に大きく影響し、これらの働きは一日の周期によって支配されています。夜中12時の前後2時間がゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が盛んになり肌のターンオーバーが活発に行われます。

この時間には睡眠をとっていることが大切ですが、現代の社会事情ではなかなか難しいので、せめて12時前には寝るようにしましょう。成長ホルモンは睡眠後1時間後に活発になるともいわれているので、規則正しい睡眠が美肌の維持には必要です。