アスタキサンチンで肌トラブルを解消

健康に対しての研究は日本だけでなく世界中で日々繰り広げられています。人間だけでなく生物すべてにおける体調の維持や症状の改善に有効な物質や成分の発見と抽出は、多くの研究者の力があればこそと言えるでしょう。最近注目されている成分に「アスタキサンチン」というものがあります。

これは元々は色素物質で、昔から知られていた物質です。タイやサケなどに見られる赤い色はこのアスタキサンチンによるものです。しかしただの色素物質ではなく、それに含まれる成分が有意義なものであると研究で明らかになったのです。

アスタキサンチンに含まれる特別な成分とは抗酸化物質です。人間が日光を浴びることで皮膚が受けるダメージは大きく、そのため日差しの強い夏は特に日焼け止めや目を守るサングラスによって肌を守る人が多くいます。しかし、いくら肌を覆っても防ぎきれない紫外線は体内に負担をかけてしまいます。紫外線によるダメージを受けた肌は保湿機能が低下し、セラミドという肌のうるおい成分が失われ乾燥肌を引き起こします。

また、女性の大敵であるシミやそばかすといったメラニンが過剰に作り出されることによる肌トラブルも起こってしまうのです。こういった状況に強い味方となってくれるのが、アスタキサンチンの成分です。ビタミンEの1000倍とも言える紫外線などの活性酸素を抑制する成分が、素肌をガードしてくれるのです。サプリメントによって簡単に摂取できるため、女性を中心に今とても人気が出ています。