女性も男性型脱毛症になるの?

女性の脱毛症に男性型脱毛症があります。女子男性型脱毛症(FAGA)とよばれ、男性型脱毛症(AGA)と同じようなメカニズムで脱毛することがあるのです。

女性の場合に多いのはびまん性脱毛症という頭髪全体が脱毛して薄くなる脱毛症ですが、女子男性型脱毛症の場合は前頭部と頭頂部が脱毛して薄くなります。

びまん性脱毛症の原因には加齢、ストレス、過度なダイエット、生活習慣などがあります。女子男性型脱毛症の原因は高齢によって女性ホルモンが減少することにあります。卵巣から分泌される女性ホルモンが減少して、男性ホルモンが相対的に増加したことになり男性型脱毛症と同じように脱毛します。

したがって更年期以降の女性に発症することが多いのです。それでも女性は男性のように極端な脱毛は起こりにくいのです。

しかし、最近では女子男性型脱毛症の発症年齢が低下する傾向にあります。原因は分かってませんが女性の社会進出によるストレスの増加やダイエットなどの栄養不足などが言われています。

脱毛予防には、まず生活習慣を見直してストレスの解消や食生活の改善、シャンプーや頭皮マッサージなどの正しいヘアケアなどが大切です。

脱毛予防に効果があると言われる育毛剤が多数販売されていますが、男性型脱毛症の治療薬として発毛効果が確認されている医薬品が2種類あります。

男性型脱毛症の治療薬のひとつはプロペシアですが、プロペシアは女性の使用が禁止されている医薬品です。もうひとつはミノキシジルです。ミノキシジルは「リアップ」の商品名で女性用も市販されているので、使用を考えるならばプロペシアではなくミノキシジルになります。

また、脱毛が深刻な場合はHARG療法と言う外科的な治療法もあります。HARG療法は毛髪の成長因子と成長に必要な栄養素を直接頭皮に注射する治療法ですが、特定の医療機関でしか受けることができません。