プロバイオティクスで健康維持

プロバイオティクスは乳酸菌に代表される人の健康によい微生物やそれらを含む製品や食品のことをいいます。

人の腸には500~1,000種類、約100兆個にもおよぶ腸内細菌がいます。乳酸菌のような健康によい影響を与える善玉菌と健康に悪影響のある悪玉菌のバランスによって人の健康が左右されます。

プロバイオティクスは人の健康に利益をもたらす善玉菌を指します。プロバイオティクスによって乳酸が作られ腸内環境が酸性に保たれると、悪玉菌の増殖が抑制され腸が活性化されます。プロバイオティクスの整腸作用は便秘や下痢の解消や予防にもつながります。

プロバイオティクスが減少して悪玉菌が増殖すると、腸内の腐敗が進み有害物質や発がん物質が作り出されたり、免疫機能の低下やアレルギーなどを発症することもあります。脂質の多い食生活は悪玉菌を増加させるので、アンモニアや硫化水素を発生させ肝臓に負担をかけてしまい肌荒れの原因にもなります。

プロバイオティクスは腸内環境を整えるだけでなく、腸内の有害物質の産生を抑制したり、血中コレステロールの減少、免疫力の向上、抗がん作用、アレルギーの抑制などに効果があるといわれています。

プロバイオティクスは胃酸に弱いものもあるため、高い効果を発揮させるためには腸まで生きたまま届くように工夫されたものを摂取するようにしたいものです。しかし、胃酸で死んでしまったプロバイオティクスは、善玉菌を活性化させるエサになるので、全く無駄になるわけではありません。また、食物繊維やオリゴ糖も善玉菌を活性させるエサとなります。

人の免疫細胞の約6割が腸に集中しているといわれています。そのため、悪玉菌の増殖は免疫の異常を招き、自己免疫疾患やアレルギーを引き起こす原因となってるのです。プロバイオティクスによって悪玉菌の増殖を抑制することで、安全に健康を維持するのに役立つのです。