緊急避妊薬アフターピル

性交後に望まない妊娠を防ぐために使用される緊急避妊薬をアフターピルといいます。アジアでは日本と北朝鮮だけが未承認でしたが2011年にやっと認可されました。承認された緊急避妊薬は「ノルレボ」という黄体ホルモン剤です。人工妊娠中絶をなくすためにもアフターピルの認可は女性にとって朗報なのではないでしょうか。

「コンドームの破損」「ピルの飲み忘れ」など避妊の失敗やあってはならないことですが「レイプされた」などの望まない妊娠を避けるために使用されますが、アフターピルを知っている女性は3割ほどしかいません。

緊急避妊法として必要な黄体ホルモン量を中用量ピルから摂取するヤッペ法と言う方法がありますが、副作用によって嘔吐、悪心などがあり、薬を吐いてしまうことなどもありました。ノルレボではこの副作用がほとんどないと言われています。

アフターピルは性交後72時間以内に服用すると、およそ80%の確率で避妊できることが確かめられています。20%は妊娠するのかと思われるかもしれませんが、避妊しないで性交をしても妊娠する確率は100%ではないので、妊娠率はもっと低くなります。アフターピルを使った場合の妊娠率は2%程度とされています。

また、アフターピルは性交後なるべく時間をおかずに使用した方が成功率が高くなります。最近の研究では性交後120時間以内ならば60%程度の確率で避妊できるというデータもありますが、受精卵が着床してからでは効果がないので、72時間以内に服用するとされています。また、アフターピルを使用して妊娠していた場合でも胎児に影響はありません。

アフターピルの服用後は生理予定日までに生理があれば問題はありませんが、ホルモンバランスの乱れから生理日が前後したり出血量が増減するなど通常と異なることもあります。またアフターピル服用後3週間以上経過しても生理がない場合は妊娠検査薬などで検査する必要があります。